西京極幼稚園について

教育理念・方針

西京極幼稚園の幼児教育~創園の願いより~

西京極幼稚園では「三つ子の魂百まで」という言葉を大切にしています。
そして日々「心情の美を教える」「わがままを抑える」ことを心がけ、
園児たちを見守り育むことで“こころ豊かな社会”が将来にわたり、
形成されていくと考えています。

「心情の美を教える」について

他の人がよろこんでいる姿を見て“うれしい”と感じる“思いやり”
人間に生じるまで4億5000万年が必要でした。
しかし、それだけの時間をかけても“思いやり”をもてたことで、
人間は他の動物たちとのちがいを明らかにできました。
そんな“思いやり”という人間ならではの「心情の美」
私たちは育んでいきたいと思っております。

「わがままを抑える」について

自分を優先し他者をあとまわしにする「わがまま」は、
ほぼ5歳で子どもの心に芽生えはじめます。
そして、それを抑えることの大切さを教えないでいると、
欲しいものはなんでも手に入ると思ったり、
動物をいじめたり、衝動的な子どもになってしまいかねません。
“他者を優先し自分をあとまわしにしたほうが楽しい”ということを、
私たちはしっかり教えたいと思っています。

そして「心情の美を教える」「わがままを抑える」ことに主眼をおいた“言って・聞かせて・して見せて・誉めて”という教育を進め、次の3つができる子への成長につなげていきます。

  • 誰にも“あいさつ”できる子に
  • 誰にも“はい”と返事のできる子に
  • はきものを脱いだら必ず揃える子に

ページの先頭へ